会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 資本金の額と1株の金額

資本金の額と1株の金額

資本金の額を決める

資本金とは、

「設立に際して出資される財産の価額」=「設立時の資本金」

会社法が施行され、理論上資本金1円からでも会社設立ができるようになりました。
しかし、会社設立直後は備品などの購入をはじめとして色々と出費が多く、あまりに低く資本金を設定することは現実的ではありません。

資本金がなくなれば、たとえ社長個人がお金を出したとしても、会社の経理上は借入金ということになります。
会社としてはじめての売り上げが上がるまでの運転資金なども考えた上で、会社の事業に当面いくらぐらい必要かを判断し、資本金の額を決めましょう。

また、資本金は会社が融資を受ける際の参考にされることも多く、許認可が必要な事業を行う場合、許認可によっては許可を取得するためにある程度の金額があったほうが申請が楽になる場合もあります。
このような観点から資本金の額を決めるのもひとつの手です。

一般的にいくらくらいということは、設立後の事業内容によって大きく変わってきますので一概には言えませんが、目安としては、「会社を設立してから3ヶ月くらいの運転資金」と考えるとよいでしょう。
設立当初は何かと現金が必要になることが多くあります。
事業を開始してからお金が入ってくる見込みが立つまで、事業を運転していけるだけの現金を用意しておきましょう。

1株の金額を決める

1株の金額ですが、これも理論上1円以上ならいくらでもかまわないということになっています。
ただ、あまりに低すぎると後で決める設立時発行株式数や発行可能株式総数がとても多くなってしまいますので注意が必要です。
一般的には、1株あたり5万円とする場合が多いようです。