会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 会社設立の流れ

会社設立の流れ

①会社の概要の決定

発起人・役員・商号・事業目的・決算期・資本金額など会社の設立を進める上での必要事項を決めておきましょう。

発起人とは会社設立の企画者として定款を作成し、最初の株主となる人のことです。
発起人が取締役(代表取締役)に就任するのが一般的となっています。
発起人は何人いてもかまいません。

②類似商号、事業目的の適否チェック

会社の本店所在地を管轄する法務局でチェックします。
事前に電話で管轄法務局を調べておきましょう。

③印鑑を発注

類似商号の調査を終え、社名が確定しましたら印鑑を発注しましょう。
印鑑には規格サイズがありますが、印鑑屋さんで「会社の代表印」と言えば適切なサイズの印鑑を作ってもらえます。

④定款を作成

定款とは会社の基本的な決め事を記載した書類のことです。
この定款に記載すべき事項は法で定められており、必ず記載しなければならない事が1つでも抜けていると、後の「認証」もしてもらえませんし、定款も無効になってしまいます。

定款には「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」があります。
絶対的記載事項とは以下のものです。

  1. 商号
  2. 目的
  3. 設立に関して出資される財産の価額又はその最低金額
  4. 本店所在地
  5. 発起人の氏名・住所

⑤定款の認証を受ける

定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。
定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。

公証役場に持参するもの

  • 定款3通
  • 費用・・・収入印紙4万円、 認証手数料 5万円、謄本交付代250円×枚数
  • 発起人全員の印鑑証明書 各1通 ※発起人が法人の時はその登記簿謄本
  • 公証役場に出向く人の実印
  • 委任状

※原則は発起人全員が公証役場に出頭します。その場合はこの委任状は必要ありません。
※電子定款認証の場合、収入印紙4万円はかかりません。

⑥資本金の払込

定款において決めた資本金(定款記載の出資額と同額)を出資者自身の名義で払込ます。
流れとしては以下の通り手続き・書類作成をします。

  1. 資本金を自分名義の口座に自分名義で振り込む。
  2. 通帳の表紙と1ページ目、上記払い込みをしたページのコピーを取る。
  3. 払込証明書を作成して、上記のコピーを一緒につづる。
  4. 上記書類の継ぎ目に会社代表印を押して終了。

⑦登記申請

資本金払込後、2週間以内に法務局へ登記申請をします。
会社成立日は「登記申請をした日」ですので、ご注意下さい。

⑧会社設立後の諸届出

税務・労務等の諸届出が必要です。