会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 発起人の確定とその引き受け株式数

発起人の確定とその引き受け株式数

発起人と株の引き受け数を決める

発起人(=出資者)が何人で、各発起人が何株ずつ設立時に株式を引き受けるのかを決めておきましょう。

発起人が数人いる場合、何株ずつ設立時に株式を引き受けるのかを決める際には、出資の割合に注意します。

株式会社の場合、出資者は出資をして株式を取得して株主となりますが、株主は会社の実質的所有者として、所持する株式の割合に応じて議決権を行使して重要な事項を決定します。
つまり、会社に多く出資した株主ほど権限が強くなります。
そのため、オーナーとして自由に会社経営をしたい場合には、自分自身の出資の割合を最低でも過半数(ちょうど半分ではなく、半分より多く出資すること)、できるならば3分の2以上(重要事項も含めてすべて決定することができます)にしておく必要があります。

以上のことを踏まえて、各発起人が何株ずつ設立時に株式を引き受けるのかを決定します。
(発起人が一人の場合は考える必要はありませんが、将来、新株発行をして第3者に株式を割り当てるという方法で資金調達をするときに知っておかなくてはなりません。)

発起人の人数も決まり、それぞれの出資の割合も決まった後に、以下の2点に注意が必要です。

  1. 定款に発起人の氏名・住所を記載する場合には、印鑑証明書に合わせて記載をする。
  2. 各発起人の出資の割合(引き受け株式数)、各発起人の出資額、資本金の額、1株の金額、設立時発行株式総数の関係が以下の式にあてはまる。
    • 「1株の金額×各発起人の引き受け株式数=各発起人の出資額」
    • 「資本金の額=各発起人が出資する額の合計」
    • 「1株の金額×各発起人の引き受け株式数=各発起人の出資額」
    • 「設立時発行株式数=各発起人の引き受け株式数の合計」