会社設立@ナビ

会社設立@ナビ トップ > 会社設立時の定款の作成・認証

会社設立時の定款の作成・認証

会社設立時の定款の作成・認証の手続

会社設立に関する手続として、まずはじめに定款の作成と認証の手続をする必要があります。

定款に記載する事項が決まったら、それを実際の書面にします。
現在ではパソコンを使って作成する場合が多いとは思いますが、市販の書式に書き込んで作成してもかまいません。
電子定款認証を利用する際はそのパソコンのデータを使用し、紙での定款認証の場合はA4の用紙に片面印刷するのが一般的です。

会社設立時の定款は、原則として発起人全員で作成し、発起人全員が署名・捺印がしなければなりません。
そして、公証人の認証を受けることが義務付けられています。

会社設立時に必要な定款認証手続き

  1. 会社の基本事項の決定
  2. 会社の名称・会社の本店所在地・事業目的等の定款記載事項を決定。

  3. 定款の作成
  4. 決定した定款記載事項を盛り込んだ定款を作成。

  5. 公証役場での定款の認証
  6. 公証役場での定款認証が終わって、はじめて正式な定款となります。

定款認証の費用

定款認証手数料 50,000円
謄本交付手数料 約2,000円
合計 約52,000円

従来からの紙での定款認証の場合は、定款に収入印紙4万円分を貼らないといけません。したがって、上記費用に加えて4万円の費用がかかります。

紙での定款認証費用(合計) 約92,000円

定款認証の際に、従来からの紙での定款認証ではなく電子定款認証という手続で行うと、紙での定款認証で必要な収入印紙代4万円が不要になります。

電子定款認証での定款認証費用(合計) 約52,000円

電子定款認証で手続を行う方が40,000円お得になります。

電子定款認証は専門家に依頼しましょう。
個人で電子定款認証を行うには、電子証名書の発行や電子定款認証に必要なソフトの導入等に少なくても約7万円の費用と、電子証明書の発行に時間が(1ヶ月ほど)かかります。
個人で電子定款認証を行うのは、あまり現実的ではありません。